木曜日, 4月 29, 2010

「欧亜純白」大沢在昌

「欧亜純白」大沢在昌
北海道ラジオ番組に「日高晤郎ショー」というのがあるらしい。毎週土曜日朝8時から17時という長丁場の番組らしい。これ全体を聞けるわけではないのだが、その中の「語源・雑学」「私の本棚」という二つのコーナーがpodcastで配信されている。これが好きでいつも聞いている。そこで「非常に面白い。星4.7」として紹介されていたのがこの本だった。買って読んでみた。


上下巻1112ページを一気読みした。最近では珍しいことだった。世界規模の麻薬取引のネットワークに関するハードボイルド小説だが、舞台建てのスケール感・リアル感が面白く読み進められた理由だと思う。


Misha GlennyのTEDTalk「Misha Glenny investigates global crime networks」を日本語訳したのだが、その時にこの世界の全体的な枠組みについて知ることができた。それがストーリーになって再び立ち現れた、という感じがした。
ラストがやや薄味?なのかもしれないが、十分に楽しめた。これが単に楽しみで終われることを望みたい。

土曜日, 4月 24, 2010

NHK「神々の森へのいざない 春日大社 悠久の杜」

白洲正子の著作に「お能の見方」という本がある。その中の「お能の見方」のところに、以下の文章がある:

むかし、奈良の春日大社で、「おんまつり」という行事を見たことがあります。
十二月なかばの、ことさら寒い晩でした。真夜中に、御神体が、神社からお旅所へ遷される。灯ひとつない神殿のあたりは、ひっそりとして、人と灯籠の区別さえつきません。何が始まるのかーーあまりの静けさに叫び出したい衝動をこらえていると、突然闇をつんざいて、楽の音が湧き起りました。
と、本殿と覚しきあたりから、夜目にも白くふわふわとしたものが降りてきます。「絹垣」とそれがよばれるとは、あとから知ったことですが、白い布でくるんだかこいの中に、人の目に触れることのない何物かが入っている。やがて、松明がともされ、神主にかこまれた御神体は、陰にこもった警蹕(けいひつ)の声を先立てて山を降り始めました。
行く手には、盛んな焚火が燃え、行列は、炎の上を渡って行く。見渡すかぎり火の流れです。森をすぎ、野原をあとに、無言のうちにお旅所についた絹垣は、そのままするすると仮屋のうちに消え、その夜は朝まで神前の芝生の上で祝詞と神楽があげられました。

昨日のNHK、BS-hiの番組「神々の森へのいざない 春日大社 悠久の杜」で、まさしくこの行事「遷幸之儀」をやっていた。映像記録されたのは初めてと聞いた気がするが、するとこれは1957年に白洲さんが書いてから53年目にして明らかにされたことになる。

私は前からこの文章が好きで、文章だけからはこの神渡りはもっと足早に行われるのかと思っていたが、実はゆっくりとしたものだった。木々の間から見える満天の星空と、それしか聞こえない楽の音と警蹕の声と、松明をたたいて作られる火の道がとても印象的で、素晴らしく美しい眺めだった。

それを、何十年かを隔てて、白州さんと一緒に観たような感じがして、とてもいい気分だった。

再放送があれば、ご覧あれ。一見の価値があります。

金曜日, 4月 16, 2010

Came back(戻り)

Okay, for those who need me, I'm back. I had terrible two weeks.


Some of you may know that My PC is a Dell mini 10v hackintosh, ie the 10v with MacOS X on it. Because it's a tweeked architecture we need precaution of updating the system. Very recently there emerged MacOS 10.6.3 update.  I being an conservative person did not go for it easily.  Actually I have no intention to update for some time. But there came the time. I had a new hard drive. Ok, it's new. Nothing to worry about. If something bad happens I can go back to my original hard drive.



Replacing HD of 10v is easy. Remove the battery and three screws under the bottom, flip it, and pull the keoboard off. Then there is the hard drive bay inside.  I replace it and installed MacOS 10.6 with NetbookMaker 0.84RC1. Of course it's OK. I ran NetbookInstaller 0.84RC1 and softoware-updated to 10.6.3.
For a while everything looked OK, but after a while there came some abnormalities such as the sound module not coming up, bluetooth is out, etc. And finally the system froze suddenly without any error log message. It's a trouble, apparently.
I re-installed the system several times, and again it looked somewhat OK. I used it for a week, enough time to depend everything on it, and came to Tokyo for business. Then it froze again at the hotel at Hanzomon, where the cherry trees are in full bloom. There was no way to reboot it. I was in a stunningly beautiful scenery with a PC that does not boot.







I had a suspicion. On the standpoint of the software, it's quite curious that there was no error log. May be this new hard drive is defective.
It's Tokyo out there and there is a town named Akihabara in Tokyo, the mecca of PC parts and Otaku culture. I went there, got a new hard drive and ate tonkatsu at the famous Marugo. I flew back home and replaced the hard drive and re-installed it with my former configuration of MacOS 10.6.2, which has been sweet and smooth. I re-installeld all my Documents and applications, and adjusted everything cluttered on it over this week as well as the things I might have lost. Now I'm fully alive back again. Uggh..

ひどい2週間だった。私のPCはDell mini 10vのHackintoshなのだが、こういうちょっとかわったアーキテクチャーでは、アップデートにすぐに飛びつかないのが肝要である。最近MacOS 10.6.3アップデートが出たのだが、それにもすぐには対応しなかった。少し様子見、のつもりが、ひょんなことで新しい、大容量ハードディスクが入手できた。新品のHDか。これならいいんじゃないの。トラブったら元のに戻せばいいし。ということで挑戦。
HDの入れ替えは簡単で、裏のねじを3本外してキーボードを取り外すだけである。入れ替えたHDに10.6を入れ、NetbookInstaller 0.84RC1でパッチを当ててから10.6.3にソフトウェア・アップデートした。
最初は普通に動いていたように見えたが、そのうちに変なことが起き始めた。音が出ない、とかBluetoothを認識しない、などなど。そしてついに、ログメッセージも出さずに突然クラッシュした。やばい。

いろいろやって再度インストールして、今度は良さそうに見えた。それで1週間がたった。それくらいたつとだいたいそのシステムに依存してしまう。そして上京。そのPCは、桜が満開の半蔵門のホテルでクラッシュした。起動不能。息を呑むくらい美しい風景と、起動しないPC。。
ログもはかずに止まるのは、なにやらハードウェア障害っぽい。このHDのせいか?、と疑いを持つ。ここは東京。PCパーツとヲタクカルチャーの秋葉がある。
そこでHDを買い、お約束の丸五でトンカツを食べ、自宅に取って返すとHDの再換装、いろいろ試した末に結局もとのNBI0.83、MacOS 10.6.2環境に戻した。これは安定している。ここ1週間でたまったものや、失いそうになったものをいろいろと再調整した。やれやれ。。